ハイドロキノンの間違った使用法や濃度には注意

シミの原因となるメラニン色素の生成を抑え、メラニン色素を生成するメラノサイト細胞そのものを減少させる働きのあるハイドロキノン。

この美白成分ハイドロキノンを含んだハイドロキノンクリームは、シミの予防だけでなくできてしまったシミにも働きかけるため、病院の皮膚科でもシミの治療薬として広く使われています。

しかしシミ取り効果がとても高いハイドロキノンクリームはさまざまな副作用と隣り合わせ。使用には十分な注意が必要です。副作用と聞くと「そんな危険と隣り合わせなら、怖いから使わないほうがいいかも」と思う方もいるでしょう。

シミを気にする女性

しかし使い方さえ間違わなければ、これほど優れたシミ取り効果が期待できるものはありません。

ハイドロキノンの注意点はいくつかありますが、まずハイドロキノンは一体どういう成分なのか、どんな歴史があるのか、詳しく見ていきましょう。

写真の現像にも使用されるハイドロキノン

ハイドロキノンは自然界にも存在する成分で、イチゴやコーヒー、紅茶、麦芽などに含まれています。

ハイドロキノンには還元作用があることから、写真の現像をする時の還元剤やゴムなどの酸化防止剤としても利用されてきました。ハイドロキノンに美白作用があることが発見されたきっかけは、写真を現像していた人の手肌が白くなったことから。

アメリカでは早くからハイドロキノンがシミの治療薬として使用され化粧品にも配合され、美白といえばハイドロキノンが主流となっています。

日本においてはハイドロキノンの使用は医師の管理下でしか許可されていませんでしたが、2001年、薬事法の規制緩和で化粧品にもハイドロキノンの使用が認められるようになりました。

ハイドロキノンが規制されていたのはなぜ?

アメリカでは早くからハイドロキノン配合の化粧品が使用されてきたのに、なぜ日本ではハイドロキノンの使用が規制されていたのでしょうか?

それはハイドロキノンと成分構造の似ている「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という薬品が理由。もともと、何も規制が設けられていなかった古い時代から、日本では「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という薬品が使用されていました。

このハイドロキノンモノベンジルエーテルは美白作用がとても強力で、使い過ぎると皮膚の色素を脱色しすぎて本来の肌の色を漂白してしまう危険があります。

このハイドロキノンモノベンジルエーテルの配合された化粧品を使うことによって、肌の一部が真っ白になる「白班」のトラブルが多発したため、厚生労働省がハイドロキノンモノベンジルエーテルを化粧品に配合することを規制しました。

ハイドロキノンとハイドロキノンモノベンジルエーテルは全くの別物で、ハイドロキノンの作用はハイドロキノンモノベンジルエーテルとは比較にならないほど穏やかなのですが、この2つは成分構造がとてもよく似ているため、ハイドロキノンも同時に規制されてしまったのです。

規制により医師の管理下でしか使用が許可されず、化粧品への使用ができなかったハイドロキノンですが、2001年の薬事法の規制緩和によりようやく化粧品への使用が認められるようになりました。

審査の厳しい厚生労働省が認めた成分ということで、安全面でクリアしたハイドロキノンは美容業界で大人気に。ハイドロキノン配合の美白コスメがこぞって発売されるようになりました。

それでもハイドロキノンの濃度に注意

高い美白効果が美容業界で注目されているハイドロキノンですが、ハイドロキノンを使用する時に最も注意したいのは、ハイドロキノンの配合濃度。

配合された濃度の高い方がそれだけ美白効果が高いと思われがちですが、そうとも言い切れません。それ以上に副作用のリスクが高まることには注意が必要です。

安全性を考慮したおすすめのハイドロキノン濃度は、2%です。

[低濃度1%~3%](推奨)

日本国内で市販されているハイドロキノン配合クリームは、濃度2%くらいが多いです。(コスメで推奨される濃度が2%)

3%未満のものなら、刺激が少なく安全性も高いので、副作用を気にせず顔、身体全体に幅広く使えます。

ただ肌が弱い人や敏感肌の人は低濃度でも肌に刺激を感じることがありますので注意が必要です。

[中濃度4%~5%]

日本国内で市販の化粧品は少なく(コスメで認められる上限値は4%)、輸入コスメか医療機関でのシミ治療で処方されるレベルの濃度です。

低濃度に比べてかなり刺激が強くなるので、使用の際には細心の注意が必要です。肌にピリピリとした刺激を感じたり、赤みが引かなかったりなどの違和感があればすぐに使用を中止し、数日経っても症状が治らない場合は医療機関を受診しましょう。

[高濃度6%]

ここまで高濃度のものはほとんどありませんが、海外コスメには6%を超える高濃度のもの見受けられます。

ここまで高くなると危険性もかなり高くなります。うかつに手を出すと取り返しのつかないことになる恐れもありますので、素人判断での使用はおすすめできません。

それでも使用したい場合は、皮膚科などの専門医に相談してからにしてください。

ハイドロキノンクリーム使用の際の注意点

ハイドロキノン配合のクリームは、正しい使い方をすればとても高い美白効果が期待でき、シミのない美白肌を手に入れることも夢ではありません。

ハイドロキノンクリームを使用する際に注意しておきたいポイントをまとめてみました。

●最初は低濃度のものから使用する
初めてハイドロキノンクリームを使用する場合、まずは2%程度の低い濃度のものを選ぶこと。低濃度から肌に慣れさせ、徐々に濃度を上げていくのがおすすめです。

●使用前には必ずパッチテストを
低濃度だからといって、誰にでも安心というわけではありません。肌質によっては低濃度でも成分自体が合わない場合もありますので、使用する前には必ずパッチテストを行なってください。肌への安全が確認できたら本格的に使用しましょう。

●使用前には低刺激の洗顔剤で清潔に
ハイドロキノンクリームを塗る前には肌をしっかり洗って清潔にします。ハイドロキノンを塗る前に肌に過度な刺激を与えない方が良いので、できるだけ刺激の少ない洗顔剤を使用しましょう。

●洗顔後、肌を休めてから使用
洗い立ての肌は水分を吸収しているため、ハイドロキノンの成分が必要以上に肌に入りこんでしまう可能性があります。洗顔後は化粧水や乳液で肌を整えた後、20分から30分肌を休めてから使用しましょう。

●綿棒などでシミ部分にポイント塗布
普通の美容クリームなどのように顔全体につけてしまうと、強い美白作用で全体が白くなってしまうため、シミはシミ、そばかすはそばかすとしてそのまま残ってしまうことに。なので塗布する際は綿棒やスパチュラなどを使い、シミやそばかすのみにクリームを乗せるように塗りましょう。

●塗る時間帯は夜間がおすすめ
ハイドロキノンは熱や光に弱いため、塗った後に紫外線を浴びると肌トラブルを招く危険があります。夜、寝る前に塗布し、朝の洗顔でしっかり洗い流しましょう。

●朝や日中に塗った場合は紫外線対策を徹底
ハイドロキノンを塗った肌は無防備な状態になりますので、紫外線のダメージを受けやすくなります。日中は必ず日焼け止めを塗り、長袖や帽子、サングラス、日傘などで紫外線から肌を守ることを忘れないようにしましょう。

●開封後は1カ月で使い切る
ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分。化粧品に配合されている場合は、開封後は冷暗所に保管して1ヶ月で使い切るようにしましょう。酸化したハイドロキノンを使い続けると肌に刺激を与えてしまうことがあるため、1カ月で使い切れず残ってしまっても使い続けることは避けましょう。

正しい知識とケアで、ハイドロキノンの効果を実感

ハイドロキノンとの上手なつきあい方は、ハイドロキノンの実体をよく知り、正しい使い方をすること。

正しく使用することで副作用のリスクを最小限におさえれば、ハイドロキノンは美白に絶大な効果を発揮してくれることは間違いありません。

いちばん重要なのは、ハイドロキノンを塗ったあとは紫外線に当たらないようにすることです。

ハイドロキノンの使用・不使用にかかわらず、常に紫外線対策を心がけることは大切ですが、ハイドロキノンを使用するならば、これまで以上に紫外線対策を徹底するようにしたいものです。

正しい知識を得て、正しいケアをして、ハイドロキノンの素晴らしい美白効果を存分に実感してくださいね。

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。