シミ、そばかすを隠すメイク テクニックとは?

シミ、そばかすがあるだけで、女性は実年齢より5歳以上も老けて見られます。

シミ、そばかすは放っておくと、気づいた時にはさらに増えていたり、濃くなっていたりして厄介なもの。

シミ肌の改善には、美白化粧品を使っての地道なお手入れや生活習慣の見直しが必要ですが、「今すぐ、シミを隠してなんとかしたい!」という時もあるでしょう。

そんな一時的にシミを隠す方法ですが、メイクで可能。ただコンシーラーを使えばよいといわけではありません。

気になるシミ、そばかすをしっかり隠すメイクテクニックとは、どんな方法なのでしょうか?

シミを隠すメイクは、コンシーラーだけに頼るのはNG

シミ、そばかすをメイクで隠すといえば、誰もが思いつくのは「コンシーラー」でしょう。

コンシーラーは、ファンデーションだけでは完全に隠せないシミ、そばかす、クマやニキビ跡などをピンポイントで隠してくれる優秀なコスメ。

しかし、コンシーラーは少量でもカバー力があるため、ついつけすぎてしまったり、ヨレて不自然な仕上がりになったり、つけたところが逆に目立ってしまったりと、使い方が難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

シミやそばかすをメイクで隠すためには、コンシーラーを使用する前後のメイクが鍵。

コンシーラーは単独ではなく、ファンデーション、パウダーと一緒に使うことでより自然にキレイにシミを隠すことができるのです。

シミをキレイに隠すワザは、下地づくりにあり!

最近は、時短メークの流行で下地のいらないクリームファンデーションなどを使う方も多いのですね。

ですがファンデーションやコンシーラーを上手に使いこなすために最も重要なポイントは、実は下地づくりにあります。

化粧下地は、次に使うファンデーションのノリを良くすることはもちろん、皮脂を抑えて化粧崩れを防いだり、紫外線や乾燥などから肌を保護する効果もあるからです。

ファンデーションには、さまざまな添加物が含まれているため、肌に直接つけると負担をかけてしまうこともあります。

そこで下地をつけることで肌に負担のかかる成分が毛穴に入り込むことを防いでくれ、メイクも落としやすくなるというメリットがあるのです。

では、次にシミ、そばかすを隠す効果的な下地のつくり方をご紹介しましょう。

1.スキンケアで毛穴を引き締める
下地づくりの前には、まずスキンケアで毛穴をキュッと引き締めることが大事。ぬるま湯での洗顔は毛穴を広げてしまうので、必ず最後に冷水ですすぎます。洗顔後は、保湿効果の高い化粧水で肌を整えます。
2.下地でシミを目立たない状態に
シミやそばかす、くすみが気になる肌には、カラーコントロール効果のある化粧下地で顔色を調整すると良いでしょう。薄めのシミやそばかす、くすみにはイエロー系、濃く目立つシミにはオレンジ系。これらのコントロールカラーを使用した下地づくりでシミを目立たない状態にしつつ、ファンデーションのノリをよくします。
3.ファンデーションはクリームかリキッドを
シミ、そばかすを上手に隠すファンデーションは、パウダータイプではなくクリームタイプやリキッドタイプを選びましょう。肌に密着しやすくカバー力が高いので、シミをよりキレイに隠せます。さらに、クリームタイプやリキッドタイプのファンデーションには保湿剤が含まれており、トリートメント効果も高いのでオススメです。
4.シミ、そばかすの上にコンシーラーをのせる
ファンデーションを塗った上から、気になるシミの上にコンシーラーをのせます。指や筆を使ってシミよりもひとまわり大きめにつけ、肌との境目を指でトントンと優しく叩くようにしてぼかしていきます。この時、シミの真上部分には触らないようにするのがポイント。シミを隠した部分をトントンとぼかしてしまうと、カバーしたはずのシミが透けて見えてきてしまいます。
5.カバー不足なら再度ファンデーションを
コンシーラーをつけたところで、シミやそばかすがキレイに隠せていなければ、気になる部分にのみ、再度ファンデーションを追加します。コンシーラーをつける時のように、指や筆でそっとのせ、周りを優しくぼかすようにします。
6.フェイスパウダーで仕上げ
気になるシミ、そばかすが隠れたら、最後は顔全体にパウダーをのせます。仕上げのパウダーは面倒だしあまり必要ないと感じて省略する人も多いのですが、フェイスパウダーをのせることで肌に透明感がプラスされます。さらにパウダーが皮脂や汗を吸収するため化粧崩れを防ぎ、メイク持ちがいちだんと良くなりますのでぜひ使ってほしいアイテムです。パウダーをつける際には、肌を擦らないように、パフで軽く押さえるようにして。擦ってしまうと綺麗につけた下地が落ちてしまうことがありますので気をつけましょう。

シミを隠すコンシーラーは、どう選ぶ?

コンシーラーにも、さまざまな種類があり、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

そこでコンシーラーの種類とそれぞれの特徴をまとめてみました。

●スティックタイプ
コンシーラーで最もポピュラーなのが、スティックタイプ。口紅のようにクルクルと容器を回して出しながら使います。肌への密着性が高く、カバー力も高いです。

●リキッドタイプ
筆ペンやブラシのような先端で、滑らかに整えやすいリキッドタイプ。広範囲に伸ばしやすく、ヨレにくいので目元や口元の使用に向いています。

●ペンシルタイプ
鉛筆のような形状で、油分も少なめ。先が細くなっているので小さなシミ・そばかすにも使いやすいのが特徴です。

●クリームタイプ
油分が多く、伸びが良いので大きなシミもカバーしやすくおすすめ。広範囲のそばかすや、クマ、毛穴を隠すのにも適しています。

●パレットタイプ
練り状のものが複数のカラーでパレットにセットされたタイプ。複数カラーがあると色味の調整ができて、自分の肌になじみやすい色を作り出せるのでおすすめです。

コンシーラーの色は、肌より少し暗めを

コンシーラーは色選びが最も重要。もともとのじぶんの肌の色に合わせた方が良いのか、それとも隠したいシミの色に合わせるのか、悩んでしまいますよね。

基本的には、シミ・そばかすをカバーするなら、肌の色と同じか、ワントーン暗めの色を選ぶのがおすすめ。

肌よりも明るい色だとシミが目立ってしまうことがあるので要注意です。

ファンデーションのテクニック

コンシーラーの前につけるファンデーションは、いわばベースメイクの基礎。

ファンデーションの塗り方一つで、シミを隠す土台が決まります。ファンデーションはカバー力の高いリキッドタイプかクリームタイプで、色は肌と同じ色のものを選びます。

ついつい、ワントーン明るめの色のファンデーションを選びたくなるのですが、シミは地肌よりも暗いので、明るめの色だとシミが隠れにくくなってしまいます。

濃いシミの場合は、肌の色よりも暗い色を選び、シミの色と地肌の色の差をなくすようにします。

ファンデーションの塗り方にもちょっとしたテクニックがあります。やみくもに塗ると塗りムラが出てしまいますので、以下の手順で丁寧に塗りましょう。

[顔の中心から外側へ]
まず頬から塗ります。顔の中心・鼻の脇から外側に向かって、優しくスッと伸ばします。左右同様に行います。次に口の周りから顎まで、伸ばしていきます。

[額の中心から外側へ]
額の中心から上(髪の生え際の方)へ、そして外側へ向かって塗り広げていきます。

[目・小鼻の周り]
目の周り、小鼻の脇に丁寧に伸ばします。

[鼻筋・首筋]
鼻頭から下に向かって鼻筋に伸ばします。最後は顎の下から首筋にも忘れずに伸ばします。

シミをキレイに隠すには、厚塗りになりすぎないこと

メイクのちょっとしたテクニックで、気になるシミやそばかすが隠せてしまえること、おわかりいただけましたでしょうか。

シミやそばかすを隠そうとすると、ついついファンデーションやコンシーラーを厚めに塗りすぎてしまいがちですが、それだと不自然な仕上がりになってしまうため逆効果なのです。

ファンデーションもコンシーラーも、控え目な量でポンポンと叩くようにつけながら伸ばしていくことがポイントです。

何事も、最初から上手くできるわけはありませんので失敗を恐れずに何度でもトライして。

シミをキレイに隠すメイクテクニックが身につけば、外出やオシャレももっと楽しくなりそうですね。

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。