ハイドロキノン クリームは、どれがいい?

ハイドロキノンクリームの凄さを教えたい!

371aadafa5477a8652f686fb993aee87_s

ハイドロキノンクリームってご存知ですか?その昔、写真の現像に使う溶液の1つだったそうです。写真の現像にあたっていた人たちの指が白っぽくなったことから、美白の成分として脚光を浴びるようになりました。

今では、シミやそばかすに悩む人たちにとって、とっても重要な成分となっています。皮膚科で扱われることが多かったハイドロキノン。科学的には「ヒドロキノン」というそうです。

日本では2~4%の割合で配合されていますが、アメリカではもう少し厳しくて、2%以上のものは皮膚科医師の管理下に置かれます。それほど強力な美白作用をもつ、いわばお薬なのかもしれません。

クリームの適応

日本では、2~4%までは配合が認められていますが、ヨーロッパではその使用が認められていません。その理由は、発がん性があるかららしいのです。

アメリカでも一部発がん性が疑われているために、2%以上の配合には医師の指示が必要だそうです。効果が絶大な分だけ、副作用も大きいということなのでしょうね。正しく使用していれば、大丈夫なのでしょうか。

また、妊娠中のママさんたちはどうでしょうか?ハイドロキノンクリームを販売している会社によると、胎児に与える影響は少ないとのこと。

妊娠中や産後には、シミが増えやすいので、美容に気を遣うことの多い最近のママさんたちにとっては、朗報なのではないでしょうか。正しく使用すれば心配のないと思われるハイドロキノンクリーム。ぜひ一度、お試しいただいてはどうでしょうか。

知ってますか?

近年、シミやそばかすの対策に使用されるようになった、医薬品として皮膚科でも処方されることのある成分です。世界的には、昔から美白成分として有名なものでした。

しかし、ハイドロキノンと似た名前の成分で白斑ができたことから、薬事法で規制されていたものです。日本では、2001年の薬事法規制緩和で、濃度の制限を設けたうえで配合が認められるようになってきました。

一般に市販されているクリームに含まれている濃度は、1~4%。これ以上を配合すると、白斑ができるなど、お肌トラブルの元となるようです。

YUKA862_megane15205354-thumb-815xauto-18585

使い方と注意点

ハイドロキノンクリームは、シミやそばかすに効果を表すものです。なので、シミなどがない部分には使用しないようにしましょう。綿棒などを使って、標的となるシミの部分に塗っていきます。

使用上の注意点としては、3つあります。1つはハイドロキノンクリームを使用している間は、紫外線が大敵になります。屋外や海水浴などへ行く際には、必ず日焼け止めを塗った上に、持参しましょう。

日焼け止めの作用時間は、ものによりますが4時間程度といわれています。後から塗ることができるように、持参することもお勧めします。

2つ目は一度開封したら、1か月以内で使い切りましょう。ハイドロキノンは非常に傷みやすい成分です。1か月を経過したものは、残っていても使ってはいけません。

そして最後に冷暗所で保存することです。理由は2つ目と同様です。

食事内容は奥が深い

食事をとる、ということは、人が生きていく上で必要になる基本的な事柄ではありますが、毎日の楽しみの一つでもあるのではないでしょうか。 食べることが大好き、という人もいれば、とりあえずお腹が満たされれば良い、それほど食べ物に […]

この記事を読む

▲ページトップに戻る