ハイドロキノン クリームは、どれがいい?

ハイドロキノンクリームの凄さを教えたい!

ハイドロキノンクリームってご存知ですか?その昔、写真の現像に使う溶液の1つだったそうです。写真の現像にあたっていた人たちの指が白っぽくなったことから、美白の成分として脚光を浴びるようになりました。

geuncese

今では、シミやそばかすに悩む人たちにとって、とっても重要な成分となっています。皮膚科で扱われることが多かったハイドロキノン。科学的には「ヒドロキノン」と言います。

以前は、医師の処方のもとでのみ使用が許されていましたが、現在は比較的濃度の低いものが市販品として流通しています。

ちなみに日本ではハイドロキノンが2~4%の割合で配合されたものが市販されていますが、アメリカではもう少し厳しくて、2%以上のものは皮膚科医師の管理下に置かれています。

クリームの適応と副作用について

効果のある成分には副作用はつきものでハイドロキノンも例外ではありません。配合量の多いものほど、そのリスクが高くなるので注意が必要です。

さて。ハイドロキノンの副作用ですが、以下の通りです。

  • 赤みや炎症
  • 色素沈着、シミの悪化
  • 白班

ハイドロキノンは、傷みやすく使用期限が切れたものを使用した場合、または体質的に合わなかったとき赤みや炎症を起こすことがあります。

ukmoicesp

またクリームを塗った状態で日光に当たると色素沈着する恐れがあるため夜使うのが無難でしょう。

さらに濃度が濃いものを長期間にわたって使用した場合、漂白が進み過ぎ白斑になることもあります。

また、副作用以外に留意しておきたいことが1つあります。日本では、2~4%までは配合が認められていますが、ヨーロッパではその使用が認められていません。その理由は、発がん性が疑われるからです。

アメリカでも一部発がん性が疑われているため、2%以上配合されたものは医師の指示が必要です。効果がある分、副作用も大きいということなのでしょう。

さて、最後に良くある質問の1つに答えておきましょう。ハイドロキノンは妊娠中のママさんが使うことはできるのでしょうか?

ハイドロキノンクリームを販売している会社によると、胎児に与える影響は少ないとのこと。

妊娠中や産後には、シミが増えやすいので、美容に気を遣うことの多い最近のママさんたちにとっては、朗報なのではないでしょうか。

正しく使用すれば心配のないハイドロキノンクリーム。ぜひ一度、お試しいただいてはどうでしょうか?

知ってますか?

近年、シミやそばかすの対策に使用されるようになった、医薬品として皮膚科でも処方されることのある成分、それがハイドロキノンです。世界的には、昔から美白成分として有名なものでした。

pposmeh

しかし、ハイドロキノンと似た名前の成分で白斑ができたことから、薬事法で規制されていたのです。日本では、2001年の薬事法規制緩和で、濃度の制限を設けたうえで配合が認められるようになってきました。

一般に市販されているクリームに含まれている濃度は、1~4%これ以上が配合されたものを使用すると、白斑ができるなどお肌トラブルのリスクが高まります。

使い方と注意点

ハイドロキノンクリームは、シミやそばかすに効果を表すものです。ですからシミなどがない部分には使用しないようにしましょう。綿棒などを使って、標的となるシミの部分に塗るのが良いでしょう。

使用上の注意点としては、3つあります。

jpopiseio

1つはハイドロキノンクリームを使用している間は、紫外線が大敵になります。屋外へ行く際には、必ず日焼け止めを塗った上に、持参しましょう。

日焼け止めの作用時間は、ものによりますが4時間程度といわれています。後から塗ることができるように、持参することもお勧めします。

2つ目は一度開封したら、1か月以内で使い切りましょう。ハイドロキノンは非常に傷みやすい成分です。1か月を経過したものは、副作用のリスクが高まるため残っていても使ってはいけません。

そして最後に冷暗所で保存することです。理由は2つ目と同様で、傷みやすいからです。

ハイドロキノンクリームの選び方は?

日本で市販されてるハイドロキノン入りのコスメは濃度が1%から4%と幅があります。ですからハイドロキノンがどれだけの濃度で配合されているかを知ることが先です。

もともとはハイドロキノンは薬品として扱われていたこともあり、医療機関でしか入手不可能だったのです。市販されるようになっても、4%がマックスで、それ以上の濃度のものは、ほぼ見かけません。

tiinjicekj

1%や3%になると安全性は比較的高く、刺激もそれほどないですが、マックスの4%になるとヒリヒリ感を感じることがあります。これは個人差のあるコスメの成分なので、使ってみなければわかりません。

配合量が多ければ、それだけ効果が期待できるわけですが副作用などを考えると、初めは安全性の高いとされる1%から3%の配合量のものから試してみるのが良いでしょう。

高い濃度のハイドロキノンを使い続け、肝斑になったケースもありますから、その点も留意しておきましょう。

シミやそばかす、肝斑までカバーするハイドロキノン

ハイドロキノンが優しくケアしてくれるケースは以下の通り。シミ、そばかす、肝斑、炎症性色素沈着です。

ハイドロキノンでケアできないものとしては生まれつきのあざ、イボのようなもりあがっている色素班などがあります。

自分で薬局で購入しても自己責任になりますから、その点は留意して皮膚科にかかるなり、市販品で済ませるなりは考えておきましょう。

jhohomice

また、用途に応じて使うようにするとよいでしょう。スポット的に使いたいのか、スキンケアとして全顔に使いたいのか? それに応じて配合量の違うものを使うのです。

何より信頼と実績のあるメーカーを選んで買うことが肝心です。ただ実績が少なくても信頼できるメーカーなら、それを購入してもよいでしょう。

レーザー治療と比べればコスパがいい。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほどに強い薬剤であり、そして美白に特化しています。圧倒的な美白効果があり、シミ対策はもちろん、すでに色素沈着しているシミにまでアプローチできます。

またシミを消す、取ると言えば美容外科のレーザー治療が主流だったのですが、このハイドロキノンを導入することによって薬、コスメだけで美白をかなえることができるようになってきたのです。

yonjiuoei

これは医療費が高いレーザー治療を受けなくても済むかもしれないわけですから、そう思えば非常にリーズナブルです。誰でも美白を楽しむことが可能で、手軽になったと言えます。

ただ、ハイドロキノンは漂白効果が高いので、シミを消すことができる半面、白くなり過ぎて白班になることもあるので取扱いには注意が必要です。

シミ消し効果は随一!使い方はしっかり守ること

間違った使い方や塗り方をしていては危険性が高いですし、顔全体に使うのはリスクが高いのでやめましょう。ハイドロキノンを使う場合は1日1回、夜の洗顔後に使うだけで充分効果が期待できます。

朝も使う場合、紫外線対策をしっかり行いましょう。ハイドロキノンを塗っていると紫外線で日焼けしやすい状態になるため、UVケアは必須なのです。

oiwejnfo

もし紫外線対策を怠ると逆にシミになったり色素遅着が起こる可能性があります。外出する際は、必ずSPF20以上の日焼け止めクリームを使うようにしましょう。

また冷蔵庫での保存、あまり知られていませんが、これはマストです。ハイドロキノンは酸化が早い成分なので早く使い切る必要があります。

そのため冷蔵庫に保管して早く使い切るようにしましょう。25度以下の冷蔵庫がベストです。本来医師の処方が必要なハイドロキノン。市販のものは配合量が少ないとは言え、扱い方には注意しましょう。

▲ページトップに戻る