ハイドロキノン クリームは、どれがいい?

ハイドロキノンクリームの凄さを教えたい!

ハイドロキノンクリームってご存知ですか?

その昔、写真の現像に使う溶液の1つだったそうです。写真の現像にあたっていた人たちの指が白っぽくなったことから、美白の成分として脚光を浴びるようになりました。

geuncese

今では、シミやそばかすに悩む人たちにとって、とっても重要な成分となっています。皮膚科で扱われることが多かったハイドロキノン。科学的には「ヒドロキノン」と言います。

ハイドロキノンは、シミの原因となるメラノサイト(メラニンをつくる細胞)の働きを抑え、メラニンの生成を抑制する作用がある成分です。その強い作用からハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれています。

以前は、医師の処方のもとでのみ使用が許されていましたが、現在は比較的濃度の低いものが市販品として流通しています。

ちなみに日本ではハイドロキノンが2~4%の割合で配合されたものが市販されていますが、アメリカではもう少し厳しくて、2%以上のものは皮膚科医師の管理下に置かれています。

日本でも2%程度のものが多いのですが、中には輸入したハイドロキンクリームも販売されており、それらは概ね4%のものが多い印象です。

安心して使うためにも初めてハイドロキン クリームを使うなら、濃度が2%以下のものを選ぶと良いでしょう。

ハイドロキノンクリームの選び方は?

日本で市販されてるハイドロキノン入りのコスメは濃度が1%から4%と幅があります。

ハイドロキノンの濃度が高ければ、その分、効果が期待されるのですが、副作用の心配も高まります。

ですからハイドロキノンがどれだけの濃度で配合されているかを知り、まずは濃度が高過ぎない(2%以下が無難)ものを選ぶことをおすすめします。

もともとはハイドロキノンは薬品として扱われていたこともあり、医療機関でしか入手不可能だったものです。それが2001年の薬事法改正で規制が緩和され、市販される化粧品へのハイドロキンの配合が認められました。

市販されているものを見るとハイドロキンの濃度は、4%がマックスで、それ以上の濃度のものは、ほぼ見かけません。

tiinjicekj

1%や3%になると安全性は比較的高く、刺激もそれほどないですが、4%を超えてくるとヒリヒリ感を感じることがあります。これは個人差のあるコスメの成分なので、使ってみなければわかりません。

配合量が多ければ、それだけ効果が期待できるわけですが副作用などを考えると、初めは安全性の高いとされる1%から高くても3%の配合量のものから試してみるのが良いでしょう。初めて試すなら2%以下をおすすめします。

高い濃度のハイドロキノンを使い続け、白斑になったケースもありますから、用法・期間・保管場所などはしっかり守ることが大切です。

なお、5%以下のものに関しては白斑の報告はないとされていますので、濃度と用法を間違わなければ、そこまで恐れる必要はないでしょう。

シミやそばかす、肝斑までカバーするハイドロキノン

シミやそばかすのケアに使われるハイドロキノンですが、何にでも効くというわけではありません。

ハイドロキノンが適応するケースは以下の通りです。

  • シミ
  • そばかす
  • 肝斑
  • 炎症性色素沈着

ハイドロキノンでケアできないものとしては生まれつきのあざ、イボのような盛り上がっている色素班などがあります。

自分で薬局で購入しても自己責任になりますから、その点は留意して皮膚科にかかるなり、市販品で済ませるなりは考えておきましょう。

jhohomice

また、用途に応じて使うようにするとよいでしょう。スポット的に使いたいのか、スキンケアとして全顔に使いたいのか? それに応じて配合量の違うものを使うのです。

何より信頼と実績のあるメーカーを選んで買うことが肝心です。ただ実績が少なくても信頼できるメーカーなら、それを購入してもよいでしょう。

ハイドロキノン クリームの使い方と3つの注意点

ハイドロキノンクリームは、シミやそばかすに効果を表すものです。ですからシミなどがない部分には使用しないようにしましょう。綿棒などを使って、標的となるシミの部分に塗るのが良いでしょう。

使用上の注意点としては、3つあります。

jpopiseio

1つはハイドロキノンクリームを使用している間は、紫外線が大敵になります。屋外へ行く際には、必ず日焼け止めを塗った上に、持参しましょう。

日焼け止めの作用時間は、ものによりますが4時間程度といわれています。後から塗ることができるように、持参することもお勧めします。

2つ目は一度開封したら、1か月以内で使い切ることです。ハイドロキノンは非常に傷みやすい成分です。1か月を経過したものは、副作用のリスクが高まるため残っていても使ってはいけません。

そして3つ目が冷暗所で保存することです。理由は2つ目と同様で、傷みやすいからです。

肌トラブルを起こさないためにも以上3点には十分注意・配慮して使うようにしましょう。

レーザー治療と比べればコスパがいいハイドロキノン クリーム

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほどに強い薬剤であり、そして美白に特化しています。圧倒的な美白効果があり、シミ対策はもちろん、すでに色素沈着しているシミにまでアプローチできます。

またシミを消す、取ると言えば美容外科のレーザー治療が主流だったのですが、このハイドロキノンを導入することによって薬、コスメだけで美白をかなえることができるようになってきたのです。

yonjiuoei

これは医療費が高いレーザー治療を受けなくても済むかもしれないわけですから、そう思えば非常にリーズナブルです。誰でも美白を楽しむことが可能で、手軽になったと言えます。

ただ、ハイドロキノンは漂白効果が高いので、シミを消すことができる半面、白くなり過ぎて白班になることもあるので取扱いには注意が必要です。

ハイドロキノン クリームのおすすめがコレ

ハイドロキノンがシミに効くということはわかりましたが、では実際にどんな商品に含まれていて、どんなものがオススメなのでしょうか?

そこで市販されているハイドロキノン含有の化粧品を2つご紹介します。

低濃度で肌の弱い人にも安心の「ビーグレン」

ビーグレンのホワイトクリームは、ハイドロキノンの濃度は低いのに、独自の浸透テクノロジー技術で吸収力を高めているためシミ取り効果は抜群と評判です。

ハイドロキノンの濃度は 1.9% と低めですが独自の浸透テクノロジー(QuSome)で肌の奥までしっかり届けてくれるため、濃度 4% に引けを取らないうわさのクリームです。

2%以下の濃度なので、ハイドロキノンが初めての人に安心しておすすめできるクリームです。

ビーグレンも初回限定のトライアルキットがあるので、パッチテストと合わせて気軽に試せるのが嬉しいですね。

b.glen公式ホームページ
http://www2.bglen.net/

皮膚科専門医が開発した「アンプルール」

シミ取りはもちろん、シミを作らない土台を作るドクターズコスメです。

皮膚科医が開発していますから信頼度も高いですね。ハイドロキノンは紫外線など光や熱に対して弱い性質があります。

この「アンプルール」は光や熱に強く安定した効果が発揮される「新安定型ハイドロキノン」が配合されていますから、頑固なシミに狙いをつけてメラニンを集中攻撃できます。

ハイドロキノンの濃度は 2.5% と、わたしのおすすめ値を若干超えていますが、3% 以下なので、まだ安心して使える範囲です。

アンプルール公式ホームページ
http://www.ampleur.jp/

正しいハイドロキノン クリームの塗り方とは?

ハイドロキノンにはメラニン色素を合成する酵素の働きを抑制する効果とメラニン色素の元と言えるメラノサイトを破壊する働きがあります。

つまりかなり効果が強いので正しいハイドロキノン クリームの塗り方を知っておく必要があります。また美白効果が高い濃度の高いハイドロキノンクリームを使用したい場合は皮膚科で処方してもらう必要があります。

ただし濃度が高いクリーム程副作用の恐れがあるので使用する前は目立たない腕の内側に試し塗りをしてパッチテストを行うようにしてください。

あと初めから4%などの濃度が高いクリームを使用するのではなく、まずはハイドロキノンが1%から3%程のクリームから使用することが望ましいでしょう。

それで効果を実感できたのなら何の問題もありませんし、効果がイマイチ感じられない場合は濃度の高いモノを使ってみるといいでしょう。

ハイドロキノンクリームはシミがニキビ跡が気になる場所だけ、綿棒などを使用し塗るのがポイントと言えます。このとき白斑になる恐れがあるので絶対に顔全体には塗らないようにしてください。

使用頻度は夜の洗顔後に塗り1日1回までの使用に留めてください。それと品質管理のためにハイドロキノンクリームの使用期間はきちんと守り、保存の際には冷蔵庫に入れておくようにしましょう。

あと何かしら肌に異常が出た場合は即座に使用を止めて医師に相談するようにしてください。

ハイドロキノンを塗るタイミングは、いつ?

ハイドロキノンは紫外線に弱い成分でもあります。そのため、塗るタイミングをしっかりと知っておかないとせっかくのハイドロキノンの効果が得られなくなってしまうこともあります。

紫外線に弱いという性質から、ハイドロキノンは夜の洗顔後に塗るのが良いです。洗顔によって肌を清潔な状態にし、塗布するのですがその際にもただ塗るのではなく注意が必要なことがあります。

洗顔後の肌というのは、肌の角質にある水分が浸透させやすくさせてしまうということがあります。その状態の肌にハイドロキノンを配合したクリームを塗ってしまうと、効果が高くなりすぎる場合があります。

なので、洗顔後の肌に塗る場合には20分ほど経ってから塗り、それから普段のスキンケアをしてください。

または洗顔後の乾燥が気になる場合などには先に化粧水・乳液などいつものスキンケアで肌を整えてから最後に塗るという方法もあります。

つまり、ハイドロキノンは夜の洗顔後にすぐ塗るのではなく塗るタイミングとしては浸透させすぎない方法が良いということです。

どうしても洗顔後すぐに塗りたい・ハイドロキノンをしっかり浸透させたいと思ってしまうかもしれませんが、少しだけ我慢することでより良い効果が期待できます。

ハイドロキノン クリームの使用中は洗顔に注意

ハイドロキノンは美白効果が期待できますが、その分、肌への負担も大きく、クリームの刺激で普段より肌が弱ってしまいます。

そのため洗顔には注意が必要です。ポイントは、2つ。刺激の少ない洗顔石鹸を使うことと、正しい洗顔方法で洗うことです。

ハイドロキノンクリームの刺激で弱った肌には、無添加、天然由来の成分、オーガニックといった敏感肌の人でも使用できる洗顔石鹸を選ぶことが大切です。

洗うときは石鹸をしっかりと泡立てて優しく優しく洗うようにしましょう。ゴシゴシ洗うと摩擦により肌にダメージを与えてしまいます。

もし、泡立ちが悪いなら泡立てネットを使用してフワフワの泡を作ることを心がけましょう。泡立てネットは100円ショップで見つけることができますよ。

また熱めのお湯を使用すると必要以上に肌の皮脂を落としてしまうので、すすぎはぬるま湯で行うことがポイントです。すすぎの際はシャワーを使うと肌を擦らずに済むので、おすすめですよ。

ただ強すぎるシャワーは、肌のたるみの原因にもなるのでその点には注意してくださいね。

使用前には、必ずパッチテストを

ハイドロキノンは、シミや黒ずみの元となるメラニンの生成を抑えるだけでなく、メラノサイトというメラニン色素をつくり出す細胞を減少させる働きがあり、シミの原因を根元から解消してくれます。

このように高い美白効果があるハイドロキノンですが、2001年の薬事法改正までは医療機関でしか入手できなかった刺激の強い成分でもあります。

一般的なハイドロキノンクリームには、だいたい100gあたり1g~4gほどのハイドロキノンが配合されています。濃度が高いほど効果が高くなると同時に刺激も強くなります。

当然、安心して使用できる量として設定されているのですが、赤みやヒリつきなどの炎症を起こす可能性もあるのです。

そのためハイドロキノン クリームを使用する前には必ずパッチテストを行うことが大切です。

方法は簡単。ハイドロキノン クリームを二の腕の内側に塗って、しばらく様子を見るだけです。

もし、肌がピリピリしたり、赤くなったなら、ハイドロキノンクリームを使用するのは止めておきましょう。

シミ消し効果に期待!ただし使い方はしっかり守ること

間違った使い方や塗り方をしていては危険性が高いですし、顔全体に使うのはリスクが高いのでやめましょう。ハイドロキノンを使う場合は1日1回、夜の洗顔後に使うだけで充分効果が期待できます。

朝も使う場合、紫外線対策をしっかり行いましょう。ハイドロキノンを塗っていると紫外線で日焼けしやすい状態になるため、UVケアは必須なのです。

oiwejnfo

もし紫外線対策を怠ると逆にシミになったり色素遅着が起こる可能性があります。外出する際は、必ずSPF20以上の日焼け止めクリームを使うようにしましょう。

また冷蔵庫での保存、あまり知られていませんが、これはマストです。ハイドロキノンは酸化が早い成分なので早く使い切る必要があります。

そのため冷蔵庫に保管して早く使い切るようにしましょう。25度以下の冷蔵庫がベストです。本来医師の処方が必要なハイドロキノン。市販のものは配合量が少ないとは言え、扱い方には注意しましょう。

シミが消えたら、すぐに止めること

ハイドロキノンクリームのシミを消す作用は皮膚科で使われるほど効果が期待できるものです。

私たちの肌には紫外線から体を守るためにメラニンを生成するという働きを持っています。この働きをハイドロキノンによって強制的に抑えているためハイドロキノンクリームを塗っている間は紫外線対策が絶対に必要です。

これについてはすでに説明したとおりです。そしてもう1つ忘れてならないのは、シミが消えたら使用をやめることです。

シミが消えたにも関わらず使い続けるとハイドロキノンの作用により弱い肌の状態が続き、炎症が起きやすくなったり、肌が白くなりすぎる白斑などが起きることもあるのです。

ハイドロキノンクリームはシミのある部分だけに塗ること、塗っている間は紫外線対策をしっかり行うこと、炎症などトラブルが起きたら使用をやめること、シミが消えたら使用をやめること、保存方法に使用期間など注意点が多いクリームです。

効果が期待できる分、守ることが多いわけですね。以上のような注意点を守って、シミのないきれいな肌を目指してくださいね。

ハイドロキノン クリームの適応と副作用について

効果のある成分には副作用はつきものでハイドロキノンも例外ではありません。配合量の多いものほど、そのリスクが高くなるので注意が必要です。

さて。ハイドロキノンの副作用ですが、以下の通りです。

  • 赤みや炎症
  • 色素沈着、シミの悪化
  • 白班

ハイドロキノンは、傷みやすく使用期限が切れたものを使用した場合、または体質的に合わなかったとき赤みや炎症を起こすことがあります。

ukmoicesp

またクリームを塗った状態で日光に当たると色素沈着する恐れがあるため夜使うのが無難でしょう。

さらに濃度が濃いものを長期間にわたって使用した場合、漂白が進み過ぎ白斑になることもあります。

また、副作用以外に留意しておきたいことが1つあります。日本では、2~4%までは配合が認められていますが、ヨーロッパではその使用が認められていません。その理由は、発がん性が疑われるからです。

アメリカでも一部発がん性が疑われているため、2%以上配合されたものは医師の指示が必要です。効果がある分、副作用も大きいということなのでしょう。

さて、最後に良くある質問の1つに答えておきましょう。ハイドロキノンは妊娠中のママさんが使うことはできるのでしょうか?

ハイドロキノンクリームを販売している会社によると、胎児に与える影響は少ないとのこと。

妊娠中や産後には、シミが増えやすいので、美容に気を遣うことの多い最近のママさんたちにとっては、朗報なのではないでしょうか。

正しく使用すれば心配のないハイドロキノンクリーム。ぜひ一度、お試しいただいてはどうでしょうか?

知ってますか?

近年、シミやそばかすの対策に使用されるようになった、医薬品として皮膚科でも処方されることのある成分、それがハイドロキノンです。世界的には、昔から美白成分として有名なものでした。

pposmeh

しかし、ハイドロキノンと似た名前の成分で白斑ができたことから、薬事法で規制されていたのです。日本では、2001年の薬事法規制緩和で、濃度の制限を設けたうえで配合が認められるようになってきました。

一般に市販されているクリームに含まれている濃度は、1~4%これ以上が配合されたものを使用すると、白斑ができるなどお肌トラブルのリスクが高まります。

ですからハイドロキン クリームの用法・使用上の注意をしっかりと守ること。そして濃度は2%程度のものから試し、高濃度のものは医師の処方、指導の下に使用することが望ましいでしょう。

▲ページトップに戻る

テキストのコピーはできません。